会社別の種類カードは必要?カードは危険?ゴールドカード

クレジットカード裏面のサインは重要


クレジットカードの裏面には署名欄があります。
しかし、ここに署名をせずにカードを使用している方がかなり大勢いることも事実です。
なぜ署名をしないのかという点については色々な理由があるようなのですが、署名をしていると万一紛失してしまった時に誰でも使うことができてしまうからと
いうものが多いようです。
筆跡などを真似してサインを書ければ、どこのお店でもそのまま買い物ができてしまうからというわけです。
確かにこれには一理ありそうなのですが、クレジットカードの利用規約を見てみると、実際にはカード裏面に署名が無い場合には紛失時の保障をしてもらえないということも
あるようなのです。

手元にあるクレジットカードの利用規約を見てみるとそこには、カードの紛失の際には所定の手続きを経ることで一定期間の支払債務を免除することができるとなっています。
しかし、これには条件があり、規約の内容に違反している場合には適用されないというのです。
そして規約の中には、クレジットカードが手元に届いたら速やかに署名をすることという条項が入っています。
つまり、カードの裏面の署名が無い場合には、紛失や盗難などで不正利用があった場合にも支払の義務が生じてしまうということになります。

また、近年では直接カードそのものが紛失しなくてもその情報だけ盗まれてしまい偽造カードを作られてしまうということもあります。
スキミングですね。
こうした場合、カードへの署名の有無で犯罪を防げると言えるでしょうか?
むしろ署名をしていないことは、万一の場合に自らの首を絞めるということにもなりかねないのです。
とはいっても、日本国内のお店であれば、実際には署名の無いクレジットカードでも買い物ができてしまうというのが実状だと思います。
しかし、こうした規約の内容を熟知してから利用するのであれば、カードの裏面の署名は大切なものと分かるはずです。
自分の身を危うくする個人情報の流出につながるものではなく、自分の身を守るための署名なのです。