会社別の種類カードは必要?カードは危険?ゴールドカード

クレジットカードは必要?


クレジットカードというのは便利なものですが、果たして本当に必要なものなのでしょうか?
このような疑問を持つというのは、日本のように非常に治安が良く貧富の差も比較的小さい豊かな国だからと言えます。
そうでない国の場合、現金は取られてしまえばそれでおしまいですが、クレジットカードの場合には本人でない人がすぐに使うことができないという点で防犯上も優れています。クレジットカードは安全性が高いからです。

また、クレジットカードを発行するためにはある程度の信用がなければいけませんから、クレジットカードを持っているということが、
その人の社会的な信頼度の尺度にもなるというわけです。

こうしたクレジットカードの利点がおおいに生きてくるのは海外旅行に行ったときでしょう。
海外旅行で日本人が大金を現金で持ち歩いているのは「どうぞ盗んで下さい」と宣言しているようなものですから、防犯上からもクレジットカードを持ち歩く方が安全でしょう。

また、最近では国内であってもクレジットカードを使用することによるメリットが得られることが多くなっています。
例えば、百貨店などが発行しているクレジットカードを使ってその百貨店で買い物をすると、買い物の金額を割引してくれたりポイントを付与してくれたりといった
サービスが受けられることがあります。
こうしたお得なサービスを受けたいと思ったときにはクレジットカードは必要になってきます。
クレジットカードで公共料金を支払うのもポイントが貯まってお得です。

日本国内であれば、ほとんどの場合、クレジットカードが無くて困るといったことは起こらないでしょう。
しかし、近年ではあれば便利といったケースがとても増えてきています。
例えば、一部の医療機関などではクレジットカードでの支払いもできるようになってきており、医療費が高額になってしまった際などに便利に利用することも可能です。
お金に対する価値観やスタンスによってはクレジットカードは必要無いという方もいると思います。
しかし、持っていることでより便利になったりお得になったりするのであれば、上手に利用するのが良いのではないでしょうか。
こちらのサイトではクレジットカードの段階のグレートについてかいてありますので参考にしてください。