会社別の種類カードは必要?カードは危険?ゴールドカード

クレジットカードは危険?


クレジットカードでの買い物は危険があるのではないか、と考えている方も多いと思います。
しかしそれは間違いで、クレジットカードでの買い物もきちんと管理ができていれば非常に便利なものなのです。

クレジットカードが危険だと思われる原因のひとつは、どのくらいお金を使ったのか・残金はいくらあるのか、といったことが一目で分からないというところにあります。
現金であればお財布に入っているものが全てですし、使えば無くなってしまいます。
そして無くなってしまえば使えないので、自分の財力以上に買い物をしてしまうということがありません。

しかし、クレジットカードの場合ですと、その時の手持ちの現金がいくらであろうと上限額までは買い物をすることができてしまうのです。
つまり、自分の財力以上にお金を使ってしまう可能性があるということです。
こうした事態を避けるために必要なのは、たとえクレジットカードであったとしても、予算を決めてその範囲内で使うということです。

例えば、1カ月にクレジットカードで買い物できる金額を30000円までと決めたら、その分の予算は確保しておいてその範囲内で買い物を楽しむのです。
こうしたお金の管理ができない場合、毎月のクレジットカードの支払に追われるようになりますし、結果としてクレジットカードは危険なものということになってしまいます。
せっかくの便利なツールですから、便利さはしっかりと活かして上手に利用していくことが大切です。
クレジットカードのお得で賢い使い方がこちらにかいてありますが、毎月かかってしまう携帯代や公共料金の支払い方法をカード払いにするとポイントがたまりお得になります。


また、クレジットカードを万一紛失してしまった時に危険があるのでは?と考える方もいると思います。
確かに暗証番号などが分かってしまえばすぐに使えてしまいますから危険です。
もしも紛失してしまった場合にはすぐにカード会社に連絡をとって停止してもらうようにします。
そして万一紛失してしまった場合にすぐに使われないように、暗証番号を推測されるようなものと同じ場所にしまっておくのはやめましょう。
自衛の措置もしっかりととっておかなければいけません。
こちらに クレジットカードの発行審査や有効期限について、自動的に付保されている保険やポイントについてなどかいてあるサイトがありますので参考にしてください。