会社別の種類カードは必要?カードは危険?ゴールドカード

クレジットカードの悪用事例


クレジットカードは非常に便利なものですが、その悪用事例も多いものです。
例えば、カードの盗難による不正利用や、スキミングで作られた偽造カードによる不正利用、またはインターネットショッピングの際に情報を盗まれての不正利用、
クレジットカードに関する犯罪や不正利用の例は年々巧妙になり分かりづらくなっています。
また、盗まれたりといったことではなく、単純に落としてしまってそこで不正利用されてしまうということもあり得ます。

こうしたときにまずすることは、クレジットカード会社への連絡です。
自分のした買い物でない請求がある・カードをなくしてしまった、このような場合にはまず連絡をすることが大切です。
するとまずはカードの使用ができないように止めてもらうことができます。
もしも、その段階で既に不正利用がされている場合には、その他にも必要な手続きがあり、そうした手続きを経て補償がされるようになります。

また、それまでと全く違った買い物の傾向などがある場合に、カード会社から個別に連絡が来るといったこともあるようです。
しかし、こうしたカードの情報がどこでどのように流出しているのかということを100%知ることはできない部分もあります。
そこで大切なことは、万一流出してしまった場合には適切な対応を取ることです。
その事実に気がついたら少しでも早くカード会社へ連絡することが何よりも大切になります。

また、もしも物理的にカード入れを落としてしまったというようなことへの予防策であれば、クレジットカードと身分証になりうるカード(免許証や保険証など)を
一緒に入れないようにしておいた方が良いでしょう。
日頃から気をつけることとしては、請求の明細を確認するクセをつけておくことや、クレジットカードの控えと明細を付き合わせることなどを習慣化しておくと、
万一の情報流出の際にも早期に気がつくことができます。
クレジットカードでの決済は便利ですし使い勝手も良いのでそれを使わないようにするというのは現実的ではないかもしれません。
万一の時に慌てないですむよう日頃から気をつけておくこと、そして適切な対応を慌てずに取ることが大切です。
クレジットカードを紛失してしまったとき行うことについてかいてありますので参考にしてください。